《歯周病・インプラントセンター平尾》CT解析・歯周再生療法・インプラント・審美・矯正・メインテナンス






 





歯周病が進行して歯を支える骨を失った場合、そのままでは歯を維持し続けることは困難です。
しかし、現在では再生療法によって、露出した歯の根を歯茎で被覆したり、失った骨を再生させることにより長期的に安定して歯を維持することができるようになってきています。
歯茎の再生には、別のところの歯茎を根や骨の表面に移植することで再生していきます。
歯周病により吸収した骨の再生には、エムドゲインという薬剤を利用する方法、コラーゲンでできた膜を利用する方法、骨を移植する方法、自己血液より作製した "CGF" を利用する方法などがあります。


審美的、機能的な歯茎のための再生療法
「歯茎が下がって、歯が長くなった」、「ブラッシングの時、歯茎が痛い」など歯茎に問題が生じた場合、別のところから歯茎を移植し、厚みを増すことや歯茎の質を変えることで本来の審美的で、機能的な歯茎の再生を行います。

 

■根面被覆

BEFORE   AFTER






歯周病により失った骨のための再生療法
 
歯周組織再生療法は歯周病の基本的な治療を行った後、歯周ポケットが6㎜以上残存する部位に対して、部分的な骨吸収の改善を目的として行う治療法です。

 

■エムドゲイン(歯周組織の再生を導く薬剤)

エムドゲインの主成分はエナメルマトリックスデリバティブで、子供の頃、歯が生えてくる時に重要な働きをするタンパク質の一種です。
このタンパク質は歯周組織の再生に重要な役割を果たすことがわかっています。
1980年代後半にスウェーデンのビオラ社で開発され、1995年初めて患者さんにエムドゲインによる治療が行われてからすでに20年以上経過しています。現在まで副作用の報告はされていません。
世界44カ国以上で使用され、日本では1998年に厚労省が承認した薬剤です。
吸収した骨面や露出した歯根の表面を十分に清掃した後、エムドゲインを歯根表面に塗布して作用させます。





■GTR(歯周組織誘導再生法)
歯周病により失った骨はその原因を取り除けば、再生しようとします。しかし、骨より先に歯茎が治りますので、骨が無くなっている部分は骨が治る前に歯茎で覆われてしまいます。

 
健康な歯と歯周   歯周病

そこで、歯の周りをコラーゲンの膜で覆い、歯茎が侵入しないように空間を確保することで、膜の下に骨が再生をはじめ、ゆっくりと成長していきます。

 
コラーゲンの膜を設置   健康な状態に組織を回復

■骨移植法
骨の欠損部に患者様自身の骨や人工の骨補填剤を移植する方法です。骨欠損の空間が広くなると、エムドゲインの塗布やコラーゲン膜で覆うだけでは骨の再生に限界があります。そこで、骨の再生能力を持つ骨補填材を組み合わせることで、より高い再生効果を得ることが期待できます。

歯周病が細菌等による感染症である以上、治療において最も大切なことは、セルフケアとプロフェッショナルケアによるプラークコントロールです。
再生療法を行う際に、術前、術後のプラークコントロールが予後に大きく影響を及ぼします。





長期的に安定したインプラントを植えるためには、インプラントを支える十分な高さと厚みの骨が必要です。また、審美性にも優れ、メインテナンスも容易な歯を入れるためにも十分な骨が不可欠となります。
しかしながら、歯を失うと必ず骨吸収が起きるので、骨の量が十分にあることはそう多くはありません。
また、上あごでは副鼻腔の底による、下あごでは顎の中の神経による解剖学的な制約を受けます。
そのような場合、下記の骨再生治療を行うことによって、インプラント治療が可能になります。
 
■GBR(骨誘導再生法)
インプラントを支えるための骨の高さや厚みが不足している場合、骨の吸収により歯茎が凹んでしまった結果、十分な審美性を得ることができなかったり、メインテナンスしやすい形の歯を入れることが出来なくなった場合に骨の形態を改善するために行う方法です。
現在の骨の上に、患者さん自身の骨や人工の骨補填剤を移植して形態を整え、コラーゲンの膜やチタン製のメッシュで形態が崩れないように覆うことで、 吸収した骨をなるべく元の形態に近い状態に再生します。

 


 

■サイナスリフト・ソケットリフト
上あごの奥歯の上には副鼻腔の底があり、そのため歯を抜いた後インプラントを支える骨の高さが不足している場合を多く認めます。このような場合でも副鼻腔の中に骨を再生することによって、十分な長さのインプラントを植えることが可能になります。
実際の治療法としては、副鼻腔の骨に窓を開け、内側の壁から丁寧かつ慎重に粘膜を剥がし、できた隙間に骨を移植することで骨の高さを増やします。
残っている骨の高さ、再生する骨の高さ及び範囲によって、副鼻腔の側面の壁から窓を開ける方法(サイナスリフト)と底から窓を開ける方法(ソケットリフト)があります。
どちらの方法にもメリット、デメリットがありますので、十分な診査を行い、どちらかを選択することになります。







匠歯科クリニック
歯周病・インプラントセンター平尾
〒815-0084
福岡市南区市崎1丁目17-27 ルシール平尾2階
<アクセス>
西鉄大牟田線・・・西鉄平尾駅下車 徒歩5分
西鉄バス・・・69番 山荘通バス停下車 徒歩3分
※車でお越しの際は、1階の駐車場をご利用下さい
クレジットカードご利用いただけます(保険外診療)



 

匠歯科クリニック

歯周病・インプラントセンター平尾

院長 三松 匠哉
九州大学 歯学部卒
歯科医師臨床研修指導医
九州大学病院 歯科医師臨床研修施設